インプラントQ&A

インプラントよくあるご質問と回答

インプラントについて

インプラントとは?

歯が抜けた所の骨にネジを埋め込み、それを土台に人工の歯を作る方法のことです。

インプラントはどんな材料?

チタンという金属です。チタンには生態親和性があり、骨と結合する事ができます。また、当院では金属ではないジルコニアのインプラントも取り扱っております。

インプラントの代わりになる治療は?

今のところありません。将来的には再生治療などができる可能性はあるかもしれません。

インプラントはどの歯科医師でも変わらない?

歯科医師なら誰でもインプラントはできますが、外科手術となり、経験や高度な技術、顎顔面口腔領域における解剖知識が大切になりますので、インプラント相当注力している歯科医師が良いでしょう。

インプラントは誰でも受けれますか?

骨が極端に無い方、麻酔医が手術に耐えられないと診断された方を除いて、ほとんどの方は大丈夫です。また、持病や服用している薬がある場合には注意が必要ですので、事前に必ず申告ください。

治療について

インプラントの治療時間と期間は?

治療時間は基本的な手術では30分~1時間、治療期間は部位によりますが4ヶ月~6ヶ月です。

インプラントがうまくいかないことはありますか?

CT画像による予想よりも、実際は、はるかに骨の状態が良くなかったときなどは、無理に手術をせずに、治療方法の再検討をする必要がある場合も中にはあります。

インプラント治療の間、歯がないところはどうしますか?

仮歯を使用します。

メリットとデメリット

インプラントのメリットは?
  • 硬いものでも自分の歯と同じように食べられ、見た目も自然で、ご自分の歯とほとんど変りなく治療が可能です。
  • ブリッジと違い、健全な周りの歯を削らなくて治療できるので、他の歯への負担がない点。
  • 入れ歯のように外れたり噛みにくかったりしない点。
インプラントのデメリットは?

外科手術をともなうことと、他の一般診療と比べ治療期間が長いことがあげられます。

自分に当てはめて気になること

インプラントは何本必要?

お一人おひとり異なります。また、骨の状態で変わってきます。土台の骨がしっかりしている方は、長いインプラントを使用できるので少ない本数で済ませることもできますが、骨に状態が悪かったり、少ない方はインプラントの長さが短い分、本数でカバーする必要が出てきます。
もちろん、インプラントの数が多い方が、それだけ支えが多くなるので丈夫にはなりますが、骨の質や量、ご予算などによって本数を決める必要があります。

インプラントは歯が1本もなくても可能?

可能です。当医院は麻酔医も連携していることから、インプラントの埋入本数が多くても1回の手術で埋入を終わらせることも可能です。

骨が足りないためインプラントができないと言われました。

骨の量が少なくなってくると、それだけ手術の難易度は高くなってきますが、当院では多くのケースでインプラントが可能です。
サイナスリフト、ソケットリフト、GBR、骨造成など、様々な治療に対応しております。

治療後のこと

インプラントはどのくらいもちますか?

きちんと毎年メンテナンスに来て頂き、口腔内、お体の健康バランスを崩さなければ、一生もたせる事も可能です。ただ、天然の歯でもそうですが、歯周病を患うと失われることがあります。

人工の歯が壊れることはありますか?

壊れる可能性はありますが、ほとんどのケースで直せます。

術後のケアは?

手術後のケアは必要に応じて行いますが、だいたいの方は抜糸以外特に来院していただく必要はありません。ただし、治療完了後の定期メインテナンスには来ていただく必要があります。

その他

年齢は関係ありますか?

骨の成長が終わった段階でインプラント埋入が可能になりますので18歳以上からインプラントが可能です。

手術の日に歯が入るって本当ですか?

「即日インプラント」があります。ただし埋入本数が多く、インプラント1本に対しての荷重が少ない場合のみ対象になります。

身体への影響は?

チタンのため問題ありません。さらにジルコニアインプラントであれば金属ではないため、どうしても金属を避けたい方にはおすすめです。

手術には専用の手術室が必要?

インプラントは外科手術ですので無菌状態で行う事が最低条件です。しかし残念ながらそうでない医院も多いようです。当院では専用のオペ室で手術を行います。

持病について

歯周病でもインプラントできますか?

歯周病をしっかり治療しますので、歯周病の方でも大丈夫です。

糖尿病でもインプラントできますか?

糖尿病をしっかりコントロールできている方は大丈夫です。まずは事前にご相談ください。

心臓病でもインプラントできますか?

生体モニターで管理しながら手術をしますので可能ですが、状態にもよりますので、事前にご相談ください。

金属アレルギーでもインプラントできますか?

インプラントは純チタンのものを使用しますので、全く問題ないとされています。それでも心配な場合には、当院では、金属ではない「ジルコニアインプラント」を選択可能です。

インプラントできない人はいますか?

重篤な病気になっている方はご遠慮させていただいております。また、服用中のお薬によってはできない場合があります。いずれにしても、事前にお申し出頂いたうえで、慎重に判断して手術可能かどうかを決めます。

手術について

インプラント手術と聞くとなんだか怖いですが?

静脈内鎮静法では「眠っているようなうちに気が付けば終わっていた」と皆さんおっしゃいますので、安心して下さい。

インプラントでは痛みや腫れはありますか?

眠っている間に終わるので痛くありません。また、手術後ちょっと腫れたという程度のことはしばしばありますが、問題なく治癒しています。

インプラント手術で感染症などの心配は?

当院はオペ室で無菌状態での手術ですので、感染の心配はまずありません。

インプラントで入院は?

入院は必要ありません。

インプラント手術当日の仕事や遊び、運動や食事は?

手術当日は控えて頂くようお願いしております。また、運動も1週間程度は控えて頂くようお願いしております。食事はやわらかくて消化の良いものを召し上がって下さい。

インプラント手術当日のお風呂は?

当日はお風呂は控えたほうが良いですが、シャワーなら大丈夫です。

インプラント手術当日のハミガキは?

手術当日は控えたほうがいいですが、2日目からは洗口剤をお渡しいたします。2日目からは手術部位以外を歯磨きしていただいて大丈夫です。

治療完了後の定期メインテナンスについて

通院はありますか?

インプラントの状態チェックやメインテナンスで、定期的に来院が必要です。天然の歯と同様に、長持ちさせるためにはメインテナンスは必須といえます。

インプラントの治療費

治療費はどれくらいかかりますか?

お一人おひとりの本数や、骨が足りない場合の手術が必要かどうかで変わってきます。まずは無料カウンセリングをお受けください。ご説明いたします。また、当ホームページも料金表で、単価は確認可能です。

インプラントの保証はありますか?

10年間保証がつきます。

インプラントの分割払いはありますか?

当院ではデンタルローンを取り扱っております。また、クレジットカードでのお支払いも可能です。

医療費控除は?

インプラントは医療費控除の対象です。領収証は保存ください。