SDSジルコニアインプラント

当院ではSDSジルコニアインプラントを採用しています

当院で使用しているインプラントのひとつ「ジルコニアインプラント」は「SDS製」を採用しています。

SDSジルコニアインプラントはスイス製で、世界シェアNo.1のジルコニアインプラントです。

SDS SWISS DENTAL SOLUTIONSは、セラミックスのパイオニアでありインプラント学者でもあるウルリッヒ・ボルツ博士によって設立されました。

SDSでは、セラミックインプラントを備えた生物医学的インプラントソリューションの包括的な治療コンセプトを提供しています。 

SDSのジルコニアインプラントは、金属ではないため、生体親和性、審美性の面で非常に高い水準を満たしています。

チタン金属に不安がある方やアレルギーの心配な方にも安心してご利用いただけます。

一般的なインプラントに使用されている「チタン」。骨と結合しやすい特徴を有していますが、近年、特に欧州ではチタンの有害性についていわれるようになってきました。

チタンは、インプラント以外では、化粧品・日焼け止めや、食品などにも使用されています。そのため日常的に体にとりこまれることから、日本でも アレルゲンのひとつになっている金属です。

チタンの発がんリスクに関する論文

サンパウロ大学の論文(チタンによる発ガンリスク)

ブラジルはサンパウロ大学で、「Oral Cancer around Dental Implants: Are the Clinical Manifestations and the Oncogenic Mechanisms Unique?」という論文が発表されました。 ”チタンインプラントから容易に溶出する酸化チタン粒子あるいはイオン化チタンは、周辺組織の細胞内に侵入しDNAにダメージを与えることで歯肉ガンの原因になりうる” という内容の論文です。(喫煙や飲酒の習慣がある場合、発がんリスクはさらに上昇することも予測)

チタン粒子が飲み込まれたり、血流に入り、全身を駆け巡ることによって、さまざまな臓器の発ガンのリスクが上がる可能性があるのです。

欧米のチタン規制への動き

  • 欧州 ・・・ チタンの使用規制を開始。
  • フランス ・・・ 食品に対するチタン粒子の添加を完全に禁止。
  • アメリカ ・・・ 日焼け止めの使用(チタン添加)を禁止。

※今後、医療界からチタンが消えていくことを予測している有識者もいます。 

チタンの影響

  • 周辺の骨の炎症
  • インプラント歯周炎
  • 発熱による周囲組織の破壊(携帯電話の使用による温度上昇は30分で約4℃)
  • チタン製のインプラントの表面にはニッケルが混在していることが多い(アレルギー)
  • 免疫のかく乱
  • 遺伝子障害性
  • 発ガン性
  • 電磁波の集積

ジルコニアインプラントの安全性

当院では、SDSジルコニアインプラントを採用しています。インプラント治療によるリスクを徹底的に低減するための選択です。もちろんインプラント治療は、経験豊富な理事長が行います。