ストローマンインプラント

ストローマンインプラントとは

ストローマンインプラントは世界トップシェアのインプラント

ストローマン社は、本社がスイスの、インプラント、歯科修復治療、口腔組織再生におけるグローバルリーダーといえる企業で、ヨーロッパ、米国、日本をはじめ世界各国に展開しています。
ストローマン社のインプラントは、世界70ヶ国以上、500万人以上、1300万本以上が治療に使用されており、世界のインプラント市場でトップクラスのシェアを誇ります。これは、ストローマンインプラントが、長年の研究開発による良質なインプラントが信頼されていることの表れともいえます。
また、万が一インプラントにトラブルがあった場合でも、多くの歯科医院でストローマンインプラントが取り扱われているため、世界中の歯科医院で対応可能であるというメリットもあります。日本国内でも多くの歯科医院でストローマンインプラントが使用されていますので、転勤や引越しの可能性があるという人でも、転居先で適切な対応が受けられやすいという特徴があります。

骨との結合が早く得られやすいインプラント

これまでのインプラントは、骨との結合に要する期間は、上顎で6ヶ月、下顎でも4ヶ月といわれていましたが、ストローマンインプラントの場合は、上顎下顎共に2ヶ月程度とされています。特に後に登場した『SLActive』は、3週間程度で骨の結合が得られるとされています。

研究開発と学術組織との連携も

ストローマン社は、科学的エビデンスに重きをおく研究開発が特徴で、すぐれた医院、研究機関、大学と連携して、歯科置換治療と復元、あるいは歯の喪失防止のためのデンタルインプラント、インスツルメント、補綴、そしてバイオマテリアルを研究、開発、製造しています。「ITI」という大規模な学術機関と連携体制にあり、ストローマンインプラントは、ITIインプラントとも呼ばれてきました。ITIは、世界最大のインプラント歯学に関する国際的非営利学術組織です。ITIは、インプラント歯学および口腔組織再生分野における研究・開発・教育を通じ、患者さんの利益を追求しています。また、臨床研究や製品評価などにより、ストローマン製品開発への協力を行っています。

科学的根拠(エビデンス)に基づいたインプラント

ストローマン社は、エビデンスを重要視している特徴があります。エビデンスとは、科学的根拠のことを言います。大学などの研究機関で行われる基礎的な研究、そして臨床研究のデータが十分にあって、初めて安全性・確実性が証明されます。ストローマンインプラントは、エビデンスに基づいた製品開発がなされていることから、世界中の歯科医師より高い信頼を得ています。

長期臨床研究による裏付け

世界には100以上のインプラントメーカーがありますが、長期的な臨床研究が行われているインプラントは非常に少なく、学術的に検証されていないインプラントが多数存在しているのが事実です。ストローマンインプラントは治療後5年および10年の長期的な臨床データがあり、確かな安全性が立証されています。また、インプラントの研究・開発は50年に渡っており、インプラント研究の長期的な積み重ねが品質の高い製品開発へとつながっています。

高い精密技術と徹底された品質管理

ストローマンインプラントは、スイスの時計産業に用いられる精密な技術と、徹底した品質管理のもとで製造が行われています。これにより、高い品質が維持されています。

純正製品を製品番号とロット番号で厳格に管理されている

インプラント治療後に、歯科医院から交付される「PATIENT PASSPORT」には、使用されたストローマン製品の「製品番号」と「ロット番号」が記載されています。患者様は、ストローマンの「製品確認ツール」のページで、製品番号・ロット番号を入力することにより、本当にストローマン社の純正インプラントが使用されているのかを確認することができる仕組みになっています。(2000年1月1日以前の製品については対応していません)

幅広いソリューション

技術の進歩によって歯科治療が変化しつつある中、ストローマンは、通常の治療とデジタルワークフローの両面で、製品やガイデッドサージェリー、口腔内スキャン、CADCAM復元などのソリューションを幅広く提供しており、インプラントメーカーとして世界トップシェアを誇っています。